Thank you for visiting!

たくさんの企業の中から当社に興味をもっていただきありがとうございます。
そして就職活動、本当にお疲れさまです。

ご自身と何度も向き合い、何を軸にするのか、本当にやりたいことは何か……考えること、たくさんありますよね。社会人としてスタートを切る大きな決断のために、これまでの人生を振り返り、今まで考えたことがないくらい真剣に自分自身と向き合うあなた。その「あなたを知る」ということを、私たちの採用活動では、とても大切にしています。

ですが……その前に、まずは私たち「信興テクノミスト」のことを知っていただきたいです。皆さんからの質問・疑問にたくさんお答えします。そしてもし、ご興味を持っていただけたら、ぜひ会社説明会で、もっともっと私たちのことを知っていただき、今度はあなたのことを教えてください。

皆さんが笑顔で就職活動を終えられることを、心より願っています。

どんな仕事をやっていますか?

ITのことをまったく知らない人でも大丈夫です。ITの基礎から当社のお仕事までかんたんにご紹介します。

IT業界の基礎知識・仕事内容

どんな風に成長できますか?

社会人として、エンジニアとしての成長はもちろん、当社ならではの「人として」成長できる研修があります。

当社独自の成長を支える研修・制度

出社?在宅?どんな働き方ですか?

担当する仕事によって働き方はさまざま。勤務場所や一日の過ごし方など、当社での働き方をご紹介いたします。

当社の働き方・一日の過ごし方

大切にしていることは何ですか?

私たちはIT企業ですが「技術力」以外にも大切にしている、創業当時から変わらない想いがあります。

創業当初より大切にしている3つのこと

社員インタビュー

皆さんの疑問に
社員が答えます!

入社して間もないころはどんなことをやりますか?

武本さんが答えます!

ITエンジニアの面白さってどこですか?

八木さんが答えます!

常に成長するには何が必要ですか?

佐藤さんが答えます!

入社して10年たつとどうなっていますか?

杉田さんが答えます!

結婚しても働きやすい環境ですか?

斉藤さんが答えます!

まだまだお答えします!

Q

最近入社した方のことを
知れますか?

2年目社員に聞いてみました

Q

どんな福利厚生が
ありますか?

福利厚生のご紹介

Q

みんなが集まるイベントは
ありますか?

当社のイベントのご紹介

Q

会社のいろいろな
データはありますか?

データで見る信興テクノミスト

Q

社名の由来って
何ですか?

社名に込められた想い

最後にズバリ!
どんな人を求めて
いますか?

私たちが求めているのは、こんな人

そのほかの情報はこちらからご覧いただけます

よくある質問
選考フロー
募集要項
会社概要

当社はIT企業。だけど仕事はIT による解決だけでは終わりません

お客さまが困っていることは、IT によるシステム化だけでは解決できません。お客さまを大切に想い、お客さまを理解して共感する。そしてお客さまのビジネスまで共に考えていくのが当社のスタイルです。

まずは、IT業界についてかんたんに解説!

「IT業界」と聞いた時、皆さんはどんな仕事を想像しますか? 実はIT業界には、いろいろな分類があるのです。

IT業界の分類

インターネット・WebSNSやEC、Webメディア、Webサービスなど
通信インフラ電話やネットワークなどの通信環境
ソフトウェア開発パソコンやスマホで使うソフトウェアの開発
ハードウェア製造電子機器そのものの開発・製造
情報処理サービス行政や企業から依頼を受けてシステムを開発

当社の事業内容は、「情報処理サービス」と呼ばれる分野です。行政や企業などのお客さまの要望をお聞きし、その要望を叶えるシステムをつくります。このような事業を行う企業のことは「SIer(エスアイアー)」とも呼ばれます。

SIerはどんなことをするの?

SIer(エスアイアー)は、システムインテグレーターの英語の頭文字をとったもので、さまざまなお客さまから依頼を受けて、お客さまの課題解決のためにシステムをつくる(設計、開発、運用)企業のことです。システムをつくるには、たくさんの人が関わるため、複数の企業と協力することもしばしば。その中でSIerは、プロジェクト全体をトータルコーディネートする役割を担っています。

国や銀行が必要とする大規模なシステムは、大手SIerが依頼を受け、開発や構築をパートナーSIerと一緒につくっていくのが一般的です。

当社は、日立グループを中心とした大手SIerからパートナーとして認定されており、これまで官公庁や自治体、医療・介護、金融など幅広い業種のシステムを数多く手掛けています。また、SIer以外のさまざまな企業のビジネスパートナーとして協業しています。

<当社のビジネスパートナー(一部抜粋)>

  • 株式会社日立製作所
  • 日本オラクル株式会社
  • アステリア株式会社
  • Amazon Web Services, Inc.
  • 富士通株式会社

当社が大手SIerのようにお客さまとの窓口をもち、当社のパートナーSIer企業と一緒にシステムをつくっていくこともあります。

当社の仕事内容

システムづくりというと「プログラム」をイメージする方が多いと思いますが、当社はシステムづくりの全て(設計・開発・構築・運用)を行うことができます。それぞれどんなことをするのかを、システムづくりの流れにそってご紹介します。

システムづくりの流れ

1. まずは「何をつくるか」を決めます

主に「システムエンジニア」と呼ばれる職種のお仕事です。お客さまが困っていることや要望を聞き、それを解決するために何が必要かを考え、これからつくるシステムに求められることを決めていきます。システムづくりの要ともいえる「要件定義」といわれるものです。

2. システムの実現方法を考え、実際につくります

システムに求められるものが決まれば、それを既にあるシステムやソフトウェアを使って構築するのか、それとも新しく開発する必要があるのかを考える、つまりシステムの「設計」を行います。それ以外にも、システムそのものをどこで動作させるかなども考えて設計しなければなりません。それぞれ、以下の職種が活躍します。

インフラエンジニアシステムそのものが動く場所をつくる「サーバーエンジニア」や、たくさんの通信に耐えられる環境をつくる「ネットワークエンジニア」など、システムの「基盤(インフラストラクチャー)」をつくる専門家です。 仕事の内容は、設計・構築・テストとなります。
開発エンジニア構築だけでシステムが実現できない場合は、ない機能をつくる必要があります。その機能をつくるのが開発エンジニアです。 仕事の内容は、設計・プログラミング・テストとなります。

3. システムが使い続けられるように維持します

システムはつくって終わりではありません。システムの一部を、人に頼っている場合もあります。そうしたシステムの運用を専門とする「オペレーションエンジニア」という職種もあります。

また、システムが動く場所であるサーバーやネットワークに障害が発生することもあります。そうした場合には、インフラエンジニアや開発エンジニアが、システム保守としてトラブルの復旧作業を行います。

働く場所は、東京近郊か在宅になります

大手SIerのパートナーとしてシステムづくりをする場合には、その大手SIerの職場で働くこともあります。勤務先は東京・神奈川近郊であることがほとんどです。当社がお客さまの窓口になる場合は、東京都品川の自社が勤務先になる場合もあります。

どちらの場合も、在宅勤務ができる環境が整っていれば、在宅勤務になる場合があります。

自社製品・サービスの開発にも取り組んでいます

当社は企業さま向けの受託開発が主なのですが、「新たな分野に挑戦したい」という想いから自社製品やサービスの開発にも取り組んでいます。そんな想いから生まれたサービスの一つが「fusetter」です。

最近では、fusetterをきっかけに入社してくれる方も増えてきました。サービスの運営は、当時の会社としても経験のないことでしたが、社員がアイデアを出し合い、創意工夫を凝らして挑戦してきたことが良い結果につながっています。

1930年に商社としてスタートした当社が、製造業を経て、まったく未経験のIT業界へ参入したように、創業当時から大切にしている「未経験のことでも恐れずチャレンジする」精神を忘れず、これからもユーザーの皆さまに楽しんでいただけるサービスの運営に取り組んでいきます。

閉じる

自ら考え、気づき、学ぶ約4カ月の新入社員研修

当社の研修は普通のIT企業とは少し変わっています。それは「技術」だけでなく、社会人としての「自律」を促す当社独自の研修であること。

私たちはIT企業ですが、お客さまが抱えている本当の悩みはITだけで解決できるものではありません。だからこそお客さまに寄り添い共感し、お客さまと一緒に考えることを大切にしています。そのためには、受け身の姿勢ではなく自ら考え行動する「自律」が欠かせません。

新入社員研修では、4カ月という長い期間の中でITの基礎知識を学ぶのはもちろんのこと、さまざまな課題を通して、「自ら考える、調べる、行動する、振り返る」という経験をたくさんしていただきます。研修中に挑戦して失敗し学ぶことが、必ず皆さんの今後の仕事に役立つと信じています。

新入社員研修のカリキュラム

1. 学生から社会人へ、働くスイッチを入れる「導入研修」

入社してからまず初めに行う導入研修では、社会人としての姿勢へ切り替えるために「働く」とはどんなことかを考える機会としています。

先輩社員へのインタビューやディスカッションなどを通して、さまざまな価値観に触れることで、自分自身のなりたい姿を発見し今後どんな働き方をしていきたいか考えを深め、その後の仕事へスムーズに移行できることを目的としています。

2. IT未経験でも安心!エンジニアとしての基礎を学ぶ「技術研修」

どんなシステムをつくるか考える「設計」、システムそのものが動く場所や環境をつくる「構築」、システムに必要な機能をつくる「開発」など、システムづくりの基礎を広く学ぶことができる研修を用意しています。座学に加えてグループワークや演習などの実践形式もありますので、システムづくりを体験しながら学んでいくことができます。

3. 「自律」した社会人を育てる「ヒューマンスキル研修」

社会人としてどのように日々の仕事から学び、どのように考えて行動するかということは、テキストを読んだり人から教わったりするだけでは身につくものではありません。この研修では、ビジネスマナーや特定のビジネススキルではなく、さまざまなワークを通じて経験したことから気づきや学びを得る研修です。

配属後も成長をサポートする制度が充実!

先輩社員が配属後もサポート

新入社員研修が終わり配属が決まると、実際に業務に携わりながら学ぶ「OJT(On the Job Training)研修」が始まります。仕事内容の指導は「トレーナー」、業務内容以外の相談ごとは「メンター」、それぞれ先輩社員が担当し配属後のあなたをサポートします。

階層別研修や全社研修で、人としての成長までサポート

年次に合わせて必要なスキルや考え方を学ぶことができる階層別研修を用意しているほか、すべての社員向けに「人としての成長」をテーマにした研修も実施しています。

「変化する世の中に対応するためには、企業もそこで働く社員も学び・成長し続けることが大切」だと考えられるようになった昨今。特定のスキルや知識を学ぶことはもちろん大切ですが、さまざまな人の考え方や価値観を知ったり、ディスカッションを通して自分にはなかった新たな視点を見つけたりする機会もまた、人としての成長の芽となるのではないかという想いを込めて実施しています。

資格手当や教育費、他にも使える制度がたくさん!

キャリアプランに合った教育を会社負担で受けられる「教育費」は、なんと社員1人当たり年間7万円! さらに、資格取得のお祝い金や書籍の購入補助もあり、社員の成長をサポートする制度が充実しています。

その他にも、キャリアアップのために自分の所属する部署や上司に知られずに希望する部署への異動を交渉できるフリーエージェント制度もあり、あなたの「やってみたい」という気持ちを会社としても応援します。

閉じる

東京都品川区にある緑の木々に囲まれた本社。

どこでどんなことをするの?働き方に関する疑問に答えます!

就活生の皆さんの中には、「最近IT企業に興味を持ったばかりなので、IT企業のインターンシップなどに参加したことがない」、「プログラミング未経験なのでどんな仕事をするのか想像ができない」と不安に思う方もいらっしゃると思いますが、ご安心ください! 私たちは入社後にご自身がどんなふうに働くのかイメージを持っていただきたいと考えているので、働き方に関するさまざまな疑問にお答えします。

どこで働くの?

東京近郊のお客さま先で勤務 or 在宅勤務がほとんどです!

SIer企業のパートナーとしてシステム開発を行う場合は、お客さま先であるSIer企業に勤務することもあります。企業さまによってオフィスの場所はさまざまですが、ほとんどが東京近郊です。

それ以外の社員は基本的には在宅勤務です。プロジェクトや担当する仕事によっては、当社の本社オフィス(東京都品川区)で勤務することもあります。当社は東京の本社オフィス以外に、福岡や名古屋にもオフィスがありますが、本人が希望しない転勤は基本的にはありませんのでご安心ください。

1日の中でどんなことするの?

一口にエンジニアといっても、職種や担当するプロジェクト、役職によって仕事内容は多岐にわたり、日によってやることが違ってきます。そのため、ここでは当社の社員の仕事を五つに分類してご紹介いたします。

1. 一人でやる仕事

自分に割り振られた作業を行います。若手社員の仕事内容の多くは、この作業になります。

<若手社員の担当作業の一例>

  • 技術的なことを、本やインターネットで調べて試す(技術調査)
  • 設計書に基づいてプラグラムをつくる(コーディング)
  • システムが動く環境をつくる(構築作業)
  • つくったシステムやプログラムが仕様書どおりに動作するか確認する(テスト)
  • 操作手順や対応方法の資料をつくる(手順書)
  • お客さまやチームメンバーとメールやチャットで連絡をする

若手社員のうちは上記の作業を担当することがほとんどですが、経験を積むと、上流工程(システムの実現手段や実装方法を考える「設計」、考えた内容を「設計書」や「仕様書」にまとめる作業)も担当するようになります。

2. 複数人でやる仕事(打ち合わせ)

打ち合わせは、自社の社員だけで行う「社内打ち合わせ」と、お客さまや協力会社などと行う「社外打ち合わせ」の2種類があります。若手社員のうちは社内打ち合わせがほとんどですが、議事録をとったり、勉強のために社外打ち合わせに参加することもあります。

以前は、対面での打ち合わせがほとんどでしたが、今ではオンラインミーティングが当たり前になっています。

<社内打ち合わせの一例>

  • メンバーの作業進捗の確認
  • メンバーが困っていることがないか確認
  • 作成した資料やプログラムの社内レビュー
  • システムの仕組みや実装方法について議論
  • アイデアだし
  • プロジェクトの振り返り

<社外打ち合わせの一例>

  • お客さまの要望を聞く
  • プロジェクトの進捗の報告
  • プロジェクトの課題の共有
  • お客さまの課題を解決するためのシステムや施策のご提案
  • 作成した資料やプログラムのお客さまレビュー

3. 移動時間(出張、買い物など)

勤務先以外の場所に出向いたり、必要なものを買いに行ったりすることもあります。

<出張の例>

  • 現地での作業(現地にしかない設備や機器がある場合や、現地でしかネットワークに接続できない場合など)
  • データセンター(サーバーやネットワーク機器を管理している施設)での構築作業
  • お客さまとの対面の打ち合わせ

4. 休憩

オフィスの休憩コーナーや、建物内のコンビニや自販機で飲み物を買ったりして一休みすることもできます。職場によっては、ウォーターサーバーがあったり、コーヒーやお茶が飲めるように準備されているところもあります。

集中力を持続させ、効率よく仕事を進めるためにも、こまめにリフレッシュしています。もちろん、在宅勤務であっても同様です。

5. その他

業務で必要なときは、情報収集のためにIT関係の展示会へ行ったり、本で勉強したり、外部のセミナーや勉強会に参加することもあります。

働き方の特徴は?

フルフレックス制度でライフスタイルに合わせた働き方が可能!

コアタイム(必ず勤務しないといけない時間)なしのフルフレックス制度を採用しており、ご自身のライフスタイルに合わせた働き方が可能です。ただし、新入社員研修の期間は、基本的には定時(9:00~17:45)の時間に研修を受けていただきます。配属後には、配属先のルールに基づいてフレックス制度を利用することができます。

社員を大切に想う社風だからこそ、社内コミュニケーションも重視しています

当社では社員全員に社用携帯を支給しており、全社員が使用できるチャットツールや社内SNSも用意しているため、スムーズな社内コミュニケーションが可能です。

また、隔月発行している社内報は2022年3月時点で283号の伝統があり、長年にわたって当社の歴史を紡いできました。以前は紙面で発行していましたが、現在はコロナ禍をきっかけにデジタル化しています。会社からのお知らせだけでなく、社員の近況を紹介するコーナーやアンケート企画など、さまざまな情報を発信することで社員のコミュニケーションのきっかけとなっています。

家でどんな風に働いているの?

コロナ禍をきっかけに在宅勤務が急速に普及しましたが、まだまだ「働く場所=オフィス」というイメージをお持ちの方も多いと思います。そこで、当社で実際に在宅勤務をしている社員4名のデスク環境をご紹介します。

社員の在宅勤務のマイデスクを紹介!

コード類を伏せ太のポーチに入れています!

手の届く範囲に色々置いてます!

子ども部屋を「仕事と勉強部屋」にしました!

お気に入りに囲まれて仕事しています!

閉じる

私たちが1930年の創業当時から大切にしていること

当社は商社から始まり、製造業を経て、全く経験のなかったIT業界へいち早く参入し、時代の流れを常に見据えながら、チャレンジを続けてきました。90年を超える歴史の中で、積み重ねた信頼と実績により数多くの事業を展開しています。

IT企業として、技術力はもちろん大切です。ただし、技術力しかなかったとしたら、私たちは今、存在していないでしょう。私たちが技術力よりも大切にしていることは、お客さまの言葉にできない潜在的な要求をくみ取り、それを満たす以上の提案を行うこと。それこそが、私たちのモットーとしている「お客さまの期待を超えるサービス」であり、私たちの存在意義だと考えています。

「お客さまの期待を超える」ために、次の三つのことを大切にしています。

1. 人や物事にとことん向き合う「誠実」さ

「お客さまが潜在的に望まれていること」をくみ取るためには、お客さまの目線に立って、寄り添い、共感しながら、一緒になって悩み、解決策を考えることが大切です。そして、お客さまと交わした約束事やミッションを必ず達成する強い意志や責任感を持つからこそ、「この人にお願いしたい」という信頼につながります。こうした何に対しても、真っ直ぐな心で向き合うことこそ、誠実であるといえます。

2. 半歩先の行動ができる「自律」

ただ言われたことだけをやる姿勢では、期待を超えることはできません。自分の役割を自覚し、言われたことだけでなくその半歩先まで自ら考えて行動する力が、期待を超えることにつながります。

3. 互いを尊重することができる「人の和(輪)」

IT業界は個人のスキルが重視されるイメージがあるかもしれませんが、私たちが創業当初から変わらず目指しているのは、社員を家族のように大事に思う経営です。だからこそ、そこで働く社員一人ひとりもお互いを思いやりながら、それぞれの価値観や個性を尊重し、信頼関係を築くことを大切にしています。社員同士が信頼で結ばれていることが、お客さまへのより良いサービスの基盤となると信じています。

これらの三つを一言でいうと「人間力」です。
技術だけでなく、人間としても共に成長していきたい。そう思ってくださる方をお待ちしております。

閉じる

2020年入社の先輩社員に、選考・研修・配属・環境……いろいろ聞いてみました!

2年前にあなたと同じように就職活動をしていた先輩社員たちに、当時のことや今のことを聞いてみました。これからの就職活動や、入社後のことをイメージするのにお役立ていただければ幸いです。

目次

先輩社員の基本情報

  • 2020年入社の18名
  • 学生時代の専攻は、文系、理系それぞれ半々
  • 入社前にプログラミング経験がない人は7割強

就職活動について

就職活動の軸は何でしたか?

  • 「人を大切にしている」「基礎から学べる環境がある」「長く働ける」の三つです。お客さまや社員を大切にしていることに加え、自分自身も大切にできると思える企業で長く働きたいと考えていました。また、時間をかけて基礎知識を身につけられる環境があるところも企業選びの軸にしていました
  • 未経験歓迎、研修充実、自社開発ありの三つです。IT未経験だったので未経験でも入社できること、研修が長期で行われていることを一番に重視していました。また、スキルを身につけたら、自社サービス開発に携わりたいと考えていたので、自社サービスの開発にも携われる会社を探していました

当社の選考や面接で印象に残っていることは?

  • 私がどういう人なのかを聞いてくださり、ありのままの私を見てもらえる面接だったことがとても印象に残っています
  • 対話と人柄を大事にしているとすぐに感じました。面接はその人の過去を聞いて、今までどんな苦難がありどんな判断をしてきたかを聞いてくれます。その人の能力、自社にメリットがあるかだけを見るのではなく、「人」を見てくれる面接だと思います

 当社への入社の決め手は?

  • たとえ希望する仕事に携われなかったとしても、この会社でなら頑張れる、頑張れそうだと感じたことが入社の大きな決め手です
  • 説明会では、ITが分からない学生にも丁寧で分かりやすい説明をしていたところや、私自身を見てもらえた面接から、人を大切にしていると感じ、この会社で働きたいと思いました
  • 研修を手厚く行っているので、IT未経験の私でも頑張れそうだと思い、入社を決めました

新入社員研修について

新入社員研修で印象に残っているエピソード

  • 私は人と関わることは好きなのですが、当初は同期となかなか打ち解けることができずにいました。しかし、コロナの影響で研修がしばらく休みになった期間には、週に一度同期と関わる機会があったことや、研修が再開してからも同期のみんなが優しくて、気付いたら自然と打ち解けることができるようになっていました
  • 毎朝順番に行っていた3分間スピーチです。スピーチを通して趣味やどんな考え方をする人なのかが分かるため、同期との交流の材料となりました
  • それぞれの「今後やりたいこと」や「どんな社会人になりたいか」という思いを発表しあったことです。一人ひとりの意見を聞く時間に、多様な社員を受け止める会社の雰囲気を感じ、入社を決めて良かったと思いました

新入社員研修で大変だったことは?

  • コロナ禍だったことにより、ほぼ在宅という環境での研修だったので、疑問点が出た場合にすぐに人に聞くことができるか分からず不安でした。しかし、同期同士の仲が良いということもあって、自分から聞くことができなくても同期の方から困っていないかと聞いてくれたので、気付いたら自分からも同期に疑問点を聞くことができました
  • 技術研修で難しい内容のときもありましたが、講師の方が丁寧に解説してくれましたし、研修全体を通してチームで協力して取り組む内容だったため、スムーズに楽しく進められました

新入社員研修で学んだことで現在の業務に役立っていることは?

  • グループ開発研修で学んだ「自分の作業だけでなく、メンバーの作業状況も把握しながら作業を進める」ことです
  • プログラム作成で行き詰まったとき、研修で試行錯誤した経験が生きていると感じます
  • 上司やチームメンバーとのコミュニケーションでは、ヒューマンスキル研修はもちろんですが、研修期間中の人財チームの方や同期とのコミュニケーションの経験が生きています

研修期間を終えた配属後

配属されてからのフォローについて、良かったと思うことは?

  • 仕事をする上では技術の知識以外にも「業務の知識」が必要です。しかし、配属直後は業務の知識がないため、業務の流れや詳細を学ぶために、実務とは別に先輩のアドバイスの下、開発フローに沿った疑似的な画面作成をする時間を設けてもらいました。それによって業務に関する理解が深まったと感じています
  • 在宅勤務が多い中でも、上司や先輩方とのつながりが多いおかげで、孤独に仕事をしている感じがなく、困ったときにも頼りやすかったです。上司から連絡を頻繁に取るような配慮がなされていると感じました
  • 定期的に自分の業務結果に対してフィードバックがもらえることです。 自分に不足している点や成長できている点を確認することができ、次の目標を立てることができます

担当する業務で大変だと感じることはどんなこと?

  • 個人で案件を持つことが多いため、毎日責任を持ってコツコツと予定分の作業をこなしていくのですが、うまく行かない日もあるので大変です。何をやってもうまく行かないときは、なるべく早めに先輩や上長に相談したり、いったん時間を置いて挑んでみたりするとうまくいくこともあります。視点を変えて考えながら乗り越えています
  • 大量データを使用するため、コーディングミスが起きた場合にタイムロスが大きいことです。処理時間を短縮するためのコーディングをすることも大切ですが、まずはコーディングミスを起こさないよう細心の注意を払って作業しています

入社前にイメージしていたIT企業と、当社に入社してみて違いはありましたか?

  • 残業が多いイメージでしたが、残業は少なく、プライベート時間を確保できます
  • 有休が取りにくいのかなと思っていましたが、実際は有休が取りやすい環境でした
  • 1人でもくもくと仕事をするイメージがありましたが、職場の方々が皆優しく、分からないことは気軽に聞ける環境です。また、気にかけてくださる先輩もいます。また、1年目の集合研修では、他社と比べて長い時間とお金を投資してもらい、自身のスキルアップにつながりました

今の自分自身について

入社した頃と今の自分を比べて成長したところは?

  • 社会人としての自覚(自分の業務に対する責任)を持つようになったと思います
  • お客さま目線で資料や設計を作成する力
  • 「伝える力」です。入社前はほとんどが同年代との会話だったため、同じ視点での会話が主でしたが、入社後は年齢問わず社内外の方と会話する機会がとても増えたことで、「いかにして相手に物事を正確に伝えるか」を意識するようになったことに成長を感じています

やりがいを感じるときはどんなとき?

  • 自分が作成、改修したシステムが実際に動いたときや周りの人に感謝されたときです
  • 日々の業務で課題が発生した際に解決できたときです。定例会議などで出た新規課題や新規タスクなどについて、個人で製品のメーカー担当者とやり取りして問題解決をやり遂げたときです
  • スキル面で困難であることが解決できたときや、作業量が多いタスクが終わった後の達成感を味わったとき。自身の成長を感じることもできます

先輩社員から就活生へ一言

  • 今ご自身が胸を膨らませ、思い描いていること、考えていること、思いついたことを書き留めて持ち歩いてください。自分自身を鼓舞するお守りになります。よく動いて、よく笑って、よく食べて、よく寝て、心身ともに元気に! 就職活動に挑んでください!
  • IT未経験者であっても、研修を経て、一人前のエンジニアになることができ、部署への配属後も、エンジニアらしく仕事ができます
  • 一人ひとりの「個性」をとても大事にし、尊重してくれる環境だと思っています。「自分らしさ」を大事にして、自分の軸を持っていれば大丈夫です。もし何か困ったことがあったとしても人財チームを含め、同期、先輩が自分のことのように悩み、一緒に解決しようと導いてくれます。なので、怖がらずに挑んでください!
  • 未経験でも挑戦できますが、一度ITパスポート試験を受験したり、プログラミング言語に触れてみたりして、どう感じるかを確かめておくと、入社してからの勉強のハードルが下がると思います。将来なりたい姿を想像して、落ち着いて就活に取り組んでください
閉じる

「長く働きたい」と思われる環境づくり

せっかくご縁があって入社してもらったのだから、「この会社で長く働きたい」と思ってもらえるような環境や制度づくりに取り組んでいます。

働く環境も時代に合わせた変化が必要です。そのために、社員の声を聞きながら日々改善に取り組んでいます。

当社が今現在用意している、福利厚生や各種制度をご紹介いたします。

働き方・休暇

フルフレックス制度コアタイム(※)無しのフレックス制度を利用することができます。5:00~22:00の間をフレキシブルタイムとしています。ご自身のライフスタイル(育児や介護、趣味など)に合わせて働く時間を選ぶことで、あなたに合ったワークライフバランスを実現することができます
※必ず勤務していなければいけない時間
在宅勤務職場環境として在宅勤務が可能な場合、社員が希望すれば在宅勤務が可能です。社員一人ひとりが自律して仕事を進めているため、在宅勤務でも出社しているのと同じように仕事ができています
時短勤務育休復帰後、6時間の時短勤務制度を利用することができます
年間休日123日あります。1年のうちおよそ1/3は休日です
有給休暇初年度は10日から始まり、最大で年に20日付与されます。 会社としても有給の取得推奨日の設定や、取得率をチェックして取得を促すようにしており、年間5日以上の有給取得率は100%です。 夏休みや年末年始に1週間以上連休を取得する社員も少なくありません
10種類以上の休暇有給休暇以外にも褒賞休暇や慶弔休暇、創立記念日、子の看護や介護休暇など、10種類以上の休暇を用意しています

暮らしをサポートする「手当」

住宅手当若い人ほど手当額が高めに設定されているので、初めての一人暮らしという方でも安心です
通勤手当通勤定期券の実費を、4万5000円/月を上限に支給します
資格手当対象資格は180種類以上!あなたのスキルアップを応援します
家族手当結婚や出産などで扶養する家族ができたとき、1人目は2万円(配偶者の場合)、2人目以降は6000円を支給します

育児・介護

出産による子育てや家族の介護が必要となった場合、男女問わず休むことができます。また、条件を満たすと、雇用保険から育児休業給付金や介護休業給付金が支給されます。

財産形成制度

毎月の給料から一定額が自動で天引きされ、積み立てて貯金をすることができる「財形貯蓄制度」を用意しています。積み立てたお金の使い道に制限がない「一般財形」や、住宅資金のための貯蓄である「住宅財形」、老後資金づくりを目的とした「年金財形」の3つの制度があります。

財形貯蓄額の2%を会社が奨励金として給付します。毎月30,000円だと600円、1年間で7,200円にもなるため、銀行に預けるよりも断然お得です。

健康・医療

社員とその配偶者が受ける健康診断の受診費用を補助します。また、35歳以上になると5年に一度受診できる日帰り人間ドックの費用も補助しています。また、こころの健康の維持のために社内外の相談窓口の活用や、産業医に相談することもできます。 従業員とその家族の健康を守ることは、社長の池野さんも特に気にかけていることです。

慶弔・災害

ライフイベントに合わせたお祝い金結婚や出産、小・中学校への入学などのライフイベント時には、給付金が支給されます
被災時の休暇と見舞金自然災害により住宅が被害を受けた場合、被害の程度に合わせて休暇および災害見舞金が支給されます

レジャー

健康保険組合を通じて、保養所や一部のスポーツクラブ、ディズニーリゾートなどのレジャー施設をお得に利用することができます。

退職金制度

社員の老後資金のために、退職金を支給しています。現在、社員自身でより安心して老後に備えられるよう、確定拠出年金(DC制度)への移行を進めています。

閉じる

2020年1月にハイアットリージェンシー東京で行われた新年社員懇話会の様子

さまざまな社内イベントを始め、勉強会や部活動など社員の交流がさかんです!

当社は「人の和(輪)」を大切にしており、社員同士の交流やコミュニケーションも重視しています。それは業務以外の部分でも同様です。

1月には新年社員懇話会、5月はボウリング大会、7月はスポーツ大会…などと、さまざまなイベントが開催されています。また、全社イベントのほかに、部門ごとのレクリエーションや勉強会、部活動も開催されています。

イベントへの参加はもちろん任意です。当たり前のことではありますが、プライベートな時間を大切にしたいという気持ちも尊重しています。

※新型コロナ感染防止の観点から、現在はイベントの開催を休止またはオンラインでの開催にしております。今後については、行政の方針に基づいて当社においても安全面を考慮し、開催可否や開催方法を検討してまいります。

全社イベント

毎年秋に行われるBBQ。2019年は233人が参加しました

全社イベントの運営は、社員によって行われています。各部門の代表者が集まって意見を出し合い、年間イベントの企画・運営などの取りまとめまで、全てを行っています。

イベントに参加しても、参加費はかかりません。また社員の家族も参加することができるので、イベントはたくさんの社員とその家族が集まり、多いときには参加者が200名を超えることも。年間を通して次のようなイベントが行われています。

<1年間に開催される全社イベント>

  • 1月 新年社員懇話会
  • 4月 お花見
  • 5月 ボウリング大会
  • 6月 期締め
  • 7月 スポーツ大会
  • 9月 BBQ
  • 12月 もちつき

新年社員懇話会では豪華賞品が当たるビンゴ大会も開催!

マイボウルやマイグローブで気合たっぷりの人も

室内で行われたスポーツ大会は、子ども~大人まで参加しやすい種目で開催されます

年末恒例のもちつきは本社中庭で行われます

各部レクリエーション

全社イベントのほか、各部門がレクリエーションの開催に使える予算を用意しております。部門内のメンバーの交流ができる内容であれば、内容は自由に決めることができ、それぞれ創意工夫を凝らしたレクリエーションを企画しています。2019年にはレクリエーションが24回開催され、延べ452人が参加しました。

<2019年に行われたレクリエーション>

  • そば打ち体験
  • すしづくり体験
  • アスレチック
  • 旅行・観光・バスツアー
  • 水族館
  • ボードゲーム
  • ミュージアム(美術館・博物館など)見学
  • クルージング
  • 江戸切り子制作体験
  • マジック講習会
  • キャンプ
  • 脱出ゲーム
  • ダーツ
  • 観劇
  • 工場見学
  • 果物狩り

その他にも交流できるイベントがたくさん!

社員が集い、学べる場所「寺子屋」

急速に変化する世の中に対応していくためには、特定のスキルや知識だけでなく「人間としての成長」も必要と考えられるようになった昨今。そのためには、自分とは違う世界の人たちと出会い、関わり合い、さまざまな価値観を知ることが大切です。

「寺子屋」は、日々の業務や部門を超えて、お互いから相互に学び合うための新しい「場」として生まれました。今現在世の中で起きていることや、新たな取り組み、自己の成長のための少し難しい理論など、さまざまなテーマで自分の考えを話したり、相手の考えを聞いたり、対話をします。この「対話」を繰り返すことで学びを深め、視座を上げることを目的としています。

元々は当社の関連施設で開催していましたが、現在は新型コロナ感染防止の観点から、オンラインで開催しています。

ノウハウの共有・学びの場「テクノ・ライブ」

部門や年代に関係なく、社員の取り組みを発表する場「テクノ・ライブ」を開催しています。テクノ・ライブは、「全社のことが見える場」をつくり、参加者が「自分たちは何がしたいか」を考えるきっかけをつくることが目的です。社員であれば誰でも自由に参加することができ、相互の学びを深めたり、ノウハウ活用の輪が広がっていく機会になっています。

部活動

会社の中に部活動をつくることもできます。一定のルールはありますが、会社の部活動と認められると、活動への補助を受けることができます。

  • バスケ部
  • もくもく会(勉強や読書をもくもくとする集まり)
  • 歌唱部
  • ゴルフ部
  • テッククラフト部
  • eスポーツ(同好会)
閉じる

データで見る信興テクノミスト

当社のさまざまなデータをまとめてみました!

会社の基本情報をデータで見ると?

創業

創業1930年

創業から90年以上!

社員数

479人

2022年1月現在!

働く人をデータで見ると?

平均年齢

39歳

一番多いのは30代!

男女比

男性4:女性1

女性社員も年々増えています!

文系・理系の比率

文系8:理系2

文系出身者も活躍中!

採用比率

新卒3:中途2

新卒も中途も隔たりなし!

エンジニア率

95%

構築・運用50%、開発45%!

働き方をデータで見ると?

新入社員研修期間

約4カ月

IT未経験でも安心の研修!

年間休日

123日

1年の1/3は休み!

在宅勤務率

50%

出社も在宅もどっちもあり!

平均残業時間

15時間/月

IT業界平均の19.2時間/月より少なめ!※1

5日以上年休取得率

100%

年休の取得推奨日もあって取りやすい環境!

育休からの復帰率

97%

今現在育休中で復帰予定者含みます。ママさんも活躍中です!

男性社員の育休取得

7名

過去5年の人数です。今年度から更に推奨します!

iPhone配布率

100%

社用ケータイとしてiPhoneを全社員に支給!

※1 出典 『2020 年版 情報サービス産業 基本統計調査』https://www.jisa.or.jp/Portals/0/report/basic2020.pdf
「ITエンジニア・年間所定外労働時間」より算出

その他をデータ で見ると?

仕事内容

公共系 80%

官公庁、自治体、交通や電力などを手がけています!

伏せ太の
フォロワー数

7.7万人

ゆるいつぶやきが人気です!

イベント参加人数

最大 260人

社員の家族も参加したBBQは過去最大人数!

閉じる

通信部品の商社だったころの当社の社屋

創業者の名前+技術を通じて経営に役立つ企業という想いが込められています

創業時は通信部品の商社。製造業を経てIT企業へ

当社は創業当初からIT企業だったわけではなく、1930年の創業時点では、通信部品を扱う商社でした。創業者である池野信平が興した商社であることから「信興商会」と名付けられました。

その後、お客さまの「こんな商品が欲しい」という要望に応えるため、1947年に製造業へと転換し、社名を「信興製作所」に改称。その後、高度経済成長を迎え、社会が急速に発展していくのに対応するため、コンピューターの運用事業へと参入します。

その後、ITサービス業として多角化し、1991年には社名を信興製作所から「信興テクノミスト」へ改称。「テクノミスト」とは、科学技術を表す「テクノロジー」と経済人を表す「エコノミスト」の合成語で、「技術を通じ経営に役立つ企業」を願って名付けられました。「信興」の名はなくして「テクノミスト」だけにしようかという議論もありましたが、創業者の想いを引き継いでいくためにも伝統である「信興」の社名を残し、「信興テクノミスト」に決定したのです。

受け継がれてきた「想い」をこれからも大切に歩み続けます

通信部品の商社に始まり、製造業、ITサービス業へ。時代に合わせて形は変わりましたが、1930年の創業当時から変わらずに受け継がれてきたものがあります。

それは、心を込めて真剣に仕事を行う「誠実さ」と、時代が求める「技術に挑戦する心」。そして、「人の和」や「社員の幸せ」を大切にし、お客さまからも信頼されることで豊かな社会創りに貢献していくこと。

創業当初から受け継がれてきたこの「想い」は決して変えることなく、これからも歩み続けます。

閉じる

私たちが求めているのは、こんな人です

「IT企業であるからには、まず技術力」なんてことは考えていません。技術力は入社してから身に付けられるようにしっかり研修を用意しています。

私たちが重視しているのは技術力ではなく「人間力」。具体的には、次の3つです。

1. 自ら行動を起こし、リードする力

  • 目的を達成するために、責任感を持って自ら考え行動を起こし、周囲を巻き込むことができる
  • 周囲の状況や人の気持ちを考慮しつつ、物事を推し進めることができる

2. やり遂げる強い意志

  • 自分の役割を自覚し、やるべきことに対して真剣に取り組める
  • 物事をやり遂げるために必要なことを考えて実践できる

3. 周囲に気を配れる協調性

  • 積極的に周囲とコミュニケーションをとり、協力しながら物事を進める
  • 一緒に働く仲間が動きやすいように気を配り、全体をふかんして見られる

ただし「大切にされたい」と思う方は、お断りしています

当社は、お客さまを大切にすることと同じように社員を大切にしています。お客さまを大切にするのは社員、そして社員を大切にするのもまた社員です。だから当社は、「大切にされたい人」ではなく、お客さまのことも仲間である社員のことも「大切にできる人」を募集しています。

「人を大切にできる人」ってどんな人?

自分が困っているとき、頼んだこと以上に真剣に考え、解決策を考えてくれる人がいたら、うれしい気持ちになりますよね。

私たちが考える「人を大切にできる人」は、言われたことだけでなく、相手の気持ちに寄り添って、一緒になって悩み、解決策を考える。そんな主体的な姿勢を持った人だと考えています。

いろいろお伝えしましたが、つまり、私たちが求めているのは、「誠実」であり、「自律」でき、「人の和(輪)」を重んじる人です。

閉じる

INTERVIEW 01

入社して間もないころはどんなことをやりますか?

文系出身の私でもいろいろな経験を生かしつつ、任せてもらっている仕事があります

2019年入社 武本さん/システムエンジニア
出身学科:教育学科

私は、配属から現在まで、官公庁のお仕事に関わるプロジェクトに携わっています。いわゆるプログラマーのようなお仕事ではなく、要件定義やお問い合わせ対応など、お客さまと開発チームの橋渡しのような役割に就いています。

こんな私ですが、正直にいえば、元々IT業界には興味すら持っていませんでした(笑)。

当社に入社を決めた一番の理由は、「人の和」の理念に共感できたこと。さらに最終面接まで一貫して私の価値観を大切にくみ取ろうとしてくれる姿勢といった、会社としての魅力に引かれたことでした。

就職活動中、何となくIT企業は「一人で黙々とパソコンに向き合う仕事」のようなイメージがあり、人と関わりながら仕事がしたいと思っていた私には合わないかなと敬遠していました。

IT業界を目指す学生さんの中には、私と同じようなイメージを持っている人や「文系でも大丈夫?」と心配に思っている人が多いと思います。

結論からいうと……全然大丈夫です!

その理由は、この業界の仕事はチームで行うことが大半だからです。文系や理系、ひいては学生時代にIT知識を身につけたかどうかに関わらず、まずは「人として必要な力」が大切(重要)であると思います。

例えばメールを作成した後、「この文章で伝わるかな?誤字脱字は無いかな?」と送る相手を思い、読み返す気になれるかだけでも違うと思うんです。こうした「当たり前のことを、当たり前にできること」が仕事をする上でとても大切だと感じています。

文系からIT業界に入ったからといって、それまで勉強してきたことがゼロになることはありません。実際、私は教育学科の出身ですが、会議の司会進行を務める時に大学時代の経験が大いに生きていると感じています。

勉強以外にも、アルバイトや部活動の経験が、業務や人間関係の構築に生きることもあります。もちろん入社後に手厚い研修がありますし、配属後も希望すれば外部の研修を受講しに行くこともできますので大丈夫ですよ!

チームでは私が一番年下ですが、私に任せていただいている仕事もありますし、もし分からないことがあればいつでもサポートしてもらえる、そんな成長の実感と頼もしさのある環境で頑張れています。

そうした環境があるからこそ、IT未経験どころか興味がなかった私でも、きちんと成長し仕事ができていますので、皆さんもどうぞ安心してくださいね!(笑)

就活生へのショートメッセージ

閉じる

INTERVIEW 02

ITエンジニアの面白さってどこですか?

技術と向き合った分だけ、技術を使ってできることが増えるところです!

2015年入社 八木 宏己さん/開発エンジニア
出身学科:経営学科

当社では、お客さまからの依頼を受けてシステムをつくる、という仕事が多くを占めます。この場合「何をつくるか」は、依頼主である「お客さま」が決めていくことがほとんどで、ITエンジニアの仕事は「どうつくるか」を考えることになります。

私は製品開発に興味があったので、自社製品を開発するチームへの配属を希望し、そこで当社の「動線見える化ツール」に携わってきました。この製品開発の仕事では「何をつくるか」というところから、自分たちで考えることになります。

世の中にたくさんある製品から当社の製品を選んでいただくには、思いつきや自分がこうしたい! で何をつくるのかを考えるのではなく、お客さまの悩みや相談など、あらゆることを「知る」ことがとても大切です。

「何をつくる」をお客さまか決める場合と比べて、答えを探すのが難しいとも感じますが、開発メンバーそれぞれの意見も多く反映されるため「モノづくりをしている」という実感がとても大きく、エンジニアとしてのやりがいや面白さを感じられます。

直接業務とは関係ないのですが、プログラム開発や技術向上のための勉強をする部活を、社内で自ら立ち上げました。ここでの開発は、仕事ではなくあくまでも趣味なので、それぞれのペースで自由に好きなことが勉強できます。みんなが楽しんで学べることが一番ですからね。

私は趣味で電子工作をやっているので、その部活ではロボットをつくっていました。今のご時世的にこの活動も難しい状況ですが、部署や年齢を問わず交流できる場になっていたと思います。

自分の成長のために心がけていることは、先輩の働きぶりを参考にして年齢、経験、立場といった観点から「自分にはどのような成果を求められているか」を考えること。その成果ラインをもとに、常に自分が成長するための目標を立てています。

後輩に対しても、何かの分野のスペシャリストになってもらえるよう、仕事を任せるようにしています。そうすることで、より責任感をもって仕事に携わることができると思っているからです。

ITの技術は日進月歩。つまり成長にも終わりがありません。仕事や趣味を通じて、どんどん成長していき、ITという武器を使ってお客さまの悩みを解決していけることも、「エンジニアとしての面白さ」の一つだと思います。

就活生へのショートメッセージ

閉じる

INTERVIEW 03

常に成長するには何が必要ですか?

答えは人それぞれだと思いますが、私の場合はこの二つです。

2017年入社 佐藤さん/ Webエンジニア・ライター
出身学科:フードビジネス学科

私は、Webサイトを制作する「フロントエンドエンジニア」と、Webサイトや社内報に掲載する文章を書いたり校正したりする「ライター」、この二つの仕事をしながら働いています。Webサイトの制作では、大まかには情報設計、ライティング、デザイン、開発・構築という工程があるのですが、このうちライティングと開発・構築が私の担当です。(このサイトも私がつくっています!)

私が所属するチームは少人数のため、一人ひとりが自分の役割を持ち、役職や年齢など関係なく、それぞれが責任を持って仕事をしていくことが求められる環境です。

こうした環境から、技術的なことやライティングに関する部分は、「自分がリーダーとして責任を持ってやっていくんだ」という自覚を持つことができ、誰かに教えられるのを待つのではなく「自分が先駆者となって学ぼう」という成長への意欲につながっています。

そしてもう一つ。私が日ごろから心がけているものがあります。それは、自然と勉強が進むような行動を習慣化していくことです。

新入社員の頃は、わざわざ時間を設けて勉強することが多かったのですが、業務が忙しかったり、体調が万全でなかったりすると、どうしても気力が湧かず、勉強が止まってしまうことも多々ありました。やっぱり人間誰しも、やる気の出ない日ってありますよね(笑)。

でもそうした気持ちに左右されてばかりいては、いつまでたっても勉強は進みません。だから頑張る気力が湧かない日でも、勉強に向かえるような「小さな習慣」をつくるようにしています。

例えば、昼休みは技術に関する記事を読む、電車移動の間は本を読む、SNSで技術系やライティング系のアカウントをフォローしておく、興味をもったコミュニティーや勉強会に参加してみるなどなど。一つひとつは小さなことでも、これらが習慣化されていくと、いつの間にか新しい知識が身についていくんです。

もちろんこうした自分の努力だけでなく、当社には学びたいという意欲に対してそれを後押ししてくれるような環境があります。例えば希望する外部の研修には、会社が費用を出してくれますし、社内で実施される研修では人間的な成長につながるようなものもあります。

成長するために必要なこと……私の場合は「責任の自覚」と「習慣化」です。もちろんこれは私の例であって、与えられた環境や経験によって「成長に必要なこと」は、一人ひとり違ってきます。

入社してからでも、きっと見つかりますので、今は気にしなくても大丈夫だと思いますよ!

就活生へのショートメッセージ

閉じる

INTERVIEW 04

入社して10年たつとどうなっていますか?

自ら積極的に行動していけば「こうなりたい」が叶います!

2012年入社 杉田 一幸さん/開発エンジニア
出身学科:建築科

私は入社して10年目で、管理職になりました。同期を含め、同年代の中では早めの出世。「年功序列がない」と聞いてはいましたが、本当なんだなと思いました(笑)。私自身、管理職になることを目指していたので、「こうなりたい」に向けて積極的に行動してきた結果、今につながっているのだと実感しています。

入社してこれまでの間に、公共系の仕事でシステム開発の基礎を学び、その後は自社製品の開発も経験しました。その自社製品がきっかけとなり、大手自動車製造会社さまへ1年間在籍して一緒に仕事をする、つまり「出向」を経験しました。

出向していたころは、「お客さま」と「システムを提供する会社」との間に入り、工場に導入するシステムの仕様やスケジュールの調整をしていました。お客さまと近い距離で仕事をすることで、現場で働く方がどのようなポイントに重きをおいて仕事をしているかを知ることができたのが一番大きい収穫でした。

また、民間企業のお客さまということもあり「1回現場で動かしてみて、使いにくいところは直そう」という文化の下、まずはトライしてみようという感じでスピード感を重視されていました。公共系の仕事とは全く違った文化を経験したことで「まず実践してみる。その結果を見て改善していく」という提案ができるようになりました。

そして今現在は、プログラマーとして開発の仕事をすることもあれば、お客さまからの仕事の相談を受けたり、仕事の依頼に対して費用を見積もって提案したりと、やりたかったことがいろいろできるようになりました。

開発するシステムの全体像をまとめ、それをチーム内に展開するというマネジャーの立場としてプロジェクトを管理することもあります。今は、基本的にリモートワークですが、朝会や定例ミーティングなどを通して、仕事の進み具合を聞いたり、雑談をしたりして、「メンバーと常に情報を共有するコミュニケーション」を心がけています。

入社したころは自分の仕事だけで手一杯でしたが、入社して10年たった今は、自分だけじゃなくてチームメンバーのこともしっかり見られる余裕ができました。

チームメンバーの得意不得意、どのような仕事を楽しいと感じるかなどを把握して、可能な限りそれに合う仕事を割り当てる。さらに、出向経験で得たスピード感を生かして、自ら積極的に営業活動を行うことができるように成長しました。

10年でここまで成長できたこと、入社当時の私が知ったらびっくりすると思います(笑)。

就活生へのショートメッセージ

閉じる

INTERVIEW 05

結婚しても働きやすい環境ですか?

制度がしっかりあるので大丈夫です!何よりも一番ありがたいのは……

2013年入社 斉藤 桃子さん/構築エンジニア
出身学科:学校教育課程 教科教育コース

私が就活していた時、選考を通して当社のあたたかい雰囲気や、働いている先輩方や人事の人柄が伝わってきて「この会社だったらまた来たい」と思ったのを覚えています。

最終的には、この会社で働いている自分の姿がしっかりイメージできたので「この会社しかない!」という自分のインスピレーションを信じて入社を決めました。

とはいえ、自分が家庭を持って子どもを育てながら働く姿は、想像したことがありませんでした。だから実際にそうした環境に直面した時、不安がなかったわけではありません。

仕事とのバランスを取りつつも、やっぱり子どもが小さい今は特に家庭を大事にしたい。出産と1年間の育児休業を終え復帰した直後は、仕事中も子どものことばかり考えている時間がありました(笑)。

それでも時短勤務やフレックス制度のおかげで、保育園の急なお迎えやイベントごとにも対応できています。制度だけでなく、今もチームのメンバーにはたくさんお世話になっています。育児中の私でも仕事がしやすいように、業務内容を考慮してもらったり、メンバーとのコミュニケーションがとりやすいように環境を整えてもらったり。本当にありがたいです。

選考を通して感じていた「人柄のあたたかさ」は、今もそのまま感じています。私と同じように子どもを育てながら仕事を続けているママエンジニアが、他にもたくさんいることも励みであり、安心材料でもありますね。

子どもを育てながら働く生活に慣れてきた今は、平日の家事は適当に済ませて無理をしないといった割り切りも、自分がストレスをためずに生活する上でとても大事だと思っています。そして、それを許してくれる家族にも感謝ですね。

将来的には、私がお世話になった分以上に「メンバーをフォローできる存在になって恩返ししたいな」と思っています。特に、産休・育休、介護などで長期休暇が必要となり、仕事を復帰することに不安を抱える人の助けになれるよう、まずは私が仕事とプライベートのバランスをとりながら、実績を残せるように頑張っていきたいです。

就活生へのショートメッセージ

閉じる