ASTERIA Warp 内製化サポートサービス

データ活用の運用フェーズにおける課題と解決へのアプローチ

デジタル時代といわれる今、より柔軟に、かつ、スピーディーなデータ活用の必要性が高まってきています。しかしながら、実際の運用フェーズ(データ連携や活用の場面)で課題がでてくることが少なくありません。

  • 課題

    「高機能なツールを導入したが、使いこなせずに期待した効果につながらない」
    ツールでできることと、自社内にある業務ノウハウや改善アイデアなどを結び付けられず、専門業者のサポートがないと運用ができないといった現状が、効果を半減させてしまうことが少なくありません。

  • 解決へのアプローチ

    こうした課題を解決しお客さまの目的に沿ったかたちで運用していただくためには、データ活用に関するノウハウを社内に蓄積することが有効な手段になります。

    「データ活用に関する社内ノウハウの蓄積」
    ツール導入だけではなく活用するためのノウハウを社内に蓄積していくことが、お客さまにおけるスピーディーなデータ活用を実現しビジネス成長を支える土壌をつくることにつながります。

ASTERIA Warp 内製化サポートサービスとは

当社の提供する内製化サポートサービスは、「ASTERIA Warp」を活用したお客さま自身によるデータ活用の実現をサポートします。当社では、ノンプログラミングでデータ連携を実現する「ASTERIA Warp」の導入と合わせ、お客さま自社内におけるデータ活用ノウハウの蓄積を目的に合わせたサポートメニューによってご支援しています。

  • 開発教育セミナー

    「フロー開発の内製化」の基盤づくりにご活用いただけるセミナーです。一例として、プログラミングのご経験がない営業やマーケティング部門に所属されるお客さまが、ASTERIA Warpを活用するための基礎知識を習得していただく場としてもご活用いただけます。

    3日間のセミナー形式で、「基礎・実践・カスタマイズ」の内容を組み合わせた各コースを提供しています。各コース詳細や価格は、お気軽にお問い合せください。

  • 訪問サポート

    実際の業務において課題となる技術的なサポートを行います。チケット制のサポートでお客さまの目的に合わせてご利用いただくことが可能です。

  • チャットサポート

    技術的なお悩みをチャットサービスでサポートします。

導入事例

さくらインターネットさま

内製化サポートによる社内ノウハウの蓄積が鍵
ビジネスの成長をスピーディーかつ強固に支える自立型データ活用の実現

さくらインターネットさまの事例はこちら

製品・サービスのお問い合わせ

ご相談やご質問、資料請求はこちらからお願いします