Webサイバー攻撃可視化サービス


事実、1サイトに対する攻撃は20,000件/月を超えています。その攻撃をまとめてお見せします、無料で。
※平成27年9月17日 警察庁の広報資料より

高額なセキュリティ対策の前に、あなたのサイトに対する攻撃や脅威の傾向を知ることから始めてみませんか?

「セキュリティ」という漠然としたものに対して「いったいいくらお金をかければいいの?」と思いませんか?

セキュリティ対策を考える際には、攻撃や脅威の傾向を最初に知ることが大事だと当社は考えています。Webサイバー攻撃可視化サービスは、無料で以下のようなことが分かります。


Webサイバー攻撃可視化サービスで分かること

アクセスログを基に不正アクセスを見える化。
だから現在稼働中のサイトに一切影響を与えません

エージェントや手動でツールを使ったものとは違いアクセスログを分析するだけなので、お手間は取らせません。本番稼働しているサービスでも、安心してご利用していただけます。


※アクセスログは、500MBを上限とさせていただきます
※アクセスログの合計サイズが500MBであれば、ホスト数は制限されません

当社独自のノウハウによる豊富な攻撃パターンの検出と、分かりやすい分析結果の提供

無料では他社に類をみない20種類以上に及ぶ攻撃パターンをグラフを多用したビジュアルでお見せします。


20種類以上の攻撃パターンの検出(一例)

重大脆弱性
SQLインジェクション / OSコマンドインジェクション / SHELLSHOCK / クロスサイトスクリプティング / ディレクトリトラバーサル
PHP関連攻撃
PHP脆弱性攻撃 / CGI脆弱性攻撃
IIS関連攻撃
IIS脆弱性攻撃
アプリ関連攻撃
MySQL脆弱性攻撃 / アプリ脆弱性攻撃
脆弱性スキャン
HTTPプロキシスキャン / SMTPプロキシスキャン / 脆弱性スキャン
一般スキャン
Bot検索 / Crawler検索

分かりやすい分析結果


分かりやすいサイバー攻撃の可視化

サービスは、無料でご利用になれます。
今すぐお申し込みください

Webアクセスログ可視化サービスのご利用の流れ

下記の宛先に、サービスご利用のご連絡をいただければ、当社スタッフからログ送付方法についてご連絡いたします。

なお、無料でのご利用は、1社につき1回までとさせていただきます。


情報処理推進機構(IPA)のiLogScannerでもログ解析ができます

iLogScannerの特徴

オンライン版とオフライン版が提供されており、必要な時にすぐにお手軽にご利用頂けます。


指定のログから脆弱性ごとの検出数がレポートされます。


傾向や攻撃元の統計などの分析は、利用者ご自身で実施する必要があります。


iLogScanner(IPAのHPへ)

当社サービスの特徴

ログを送っていただくだけで、傾向や攻撃元の統計も含めた分析レポートを無料でご提供いたします。


豊富なパターンで分析し、脆弱性からスキャン行為まで見やすくレポートします。


日々進化し続ける攻撃に対し、追従するようにアップデートしています。


単純に検出数を出すだけではなくパターンによる推移や傾向までレポートします。


スキャン行為をしつこく行うアクセス元を特定し、レポートします。

製品・サービスに関するお問い合わせ
メールでのお問い合わせには、2-3営業日内に回答いたします